こんなときどこに相談したらいいのだろう 

そんなお悩みありませんか。

引きこもりや不登校、DV、虐待、貧困など、様々な問題を抱えている人は、必要な情報や支援にたどり着けないことが多くあります。 

困ったときに使える社会資源リスト事業は、そのような人々が必要な情報や支援に安易にアクセスできるように、様々な社会資源をデータベース化し、簡便に抽出できるウェブサイトを構築することを目的とした事業です。 

以下のサイトから制度の詳細や支援内容、申請窓口等をご案内しています。

困ったときに使える社会資源リスト | Notion

Built with Notion, the all-in-one connected workspace with publishing capabilities.

2. 主目的 

本事業の主目的は以下の通りです。 

  • 必要な情報へのアクセス促進: 様々な社会資源に関する情報をデータベース化し、ウェブサイト上で検索できるようにすることで、困っている人が必要な情報に安易にアクセスできるようにします。 

3. 事業内容 

3.1 情報収集 

  • 全国各地の行政機関、民間団体、NPO法人などから、様々な社会資源に関する情報を収集します。 
  • 情報の内容は、支援機関名、住所、電話番号、サービス内容、利用対象者、利用料金、アクセス方法などを網羅します。 

3.2 データベース構築 

  • 収集した情報をデータベースに登録します。 
  • データベースは、検索機能や絞り込み機能などを備え、使いやすい設計にします。 

3.3 ウェブサイト構築 

  • データベースを基に、必要な情報に安易にアクセスできるウェブサイトを構築します。 
  • ウェブサイトは、スマートフォンやタブレット端末でも閲覧できるようにします。 

3.4 運営 

  • 情報の更新やメンテナンスを定期的に行います。 

4. 期待される効果 

  • 必要な情報へのアクセス促進: 困っている人が必要な情報に安易にアクセスできるようになることで、早期解決や支援につなげやすくなります。 

5. まとめ 

困ったときに使える社会資源リスト事業は、必要な情報や支援に安易にアクセスできるように、社会資源をデータベース化し、ウェブサイトを構築する事業です。多くの方のご協力をお待ちしております。